クラブトップロゴ
  硬式野球部  Baseball Club
硬式野球部紹介写真

若き指導者と最新施設が、一流の技術と意識を日々育てる。
過去に5回、大学野球の頂点「明治神宮野球大会」に出場し、プロ野球選手を輩出。
経験豊富な指導陣のもと、個々の実力とチームワークを高め、再度神宮をめざす。

 林監督の指導のもと安定した実力を発揮。 ここ数年は「神宮」に手が届くポジションで、東海地区の強豪としのぎを削っている。 林監督は現役時代に大学選手権ベスト4、社会人野球日本一などの実績を持ち、若くして名将の呼び声が高い人物だ。 現在プロ野球やMLBで活躍中の一流選手ともプレー経験があり、ときにはその人脈を活かして元プロ野球選手をコーチとして招聘するなど、選手達にワンランク上の練習環境を提供している。 また、林監督と二人三脚でチームを支える若干23歳の指導者・山川コーチも大学選手権経験者。 選手達は現役アスリートに限りなく近い指導者から、超大学級の技術を吸収。 チームワークだけでなく個々の実力も日に日に高まっている。
 2008年夏の総合グラウンドリニューアルに伴い新設された野球場は、両翼92m、センター120mと、「横浜スタジアム」に匹敵する。 夜間や雨天時の練習を支える照明塔、屋内野球練習場も完備。 さらには「神宮対策」として全面人工芝を採用し、24時間365日野球に没頭できる環境が整った。 2010年にもカウント表示板を増設するなど、その進化は留まることを知らない。
 「受け身にならず、一生懸命に取り組むことで、昨日より今日、今日よりも明日と一歩ずつ前進することができる」。 そう語る林監督のもと、日ごろの練習を通じて培った強い絆でチーム一丸となり、着実に確かな実力を蓄えてきた野球部。 「神宮」の土を踏む日は、もう目の前まで迫っている。

選手構成
選手数/97名
主将/望月 和成(市立沼津高校 卒業)
部員の主な出身高校
岐阜総合学園6名/県立岐阜商業3名/市立岐阜商業2名/鈴鹿2名/岩国 2名/修徳1名/聖光学院1名/土岐商業1名/開星1名/日南学園1名
卒業後の主な進路(2011年3月卒業生)
JFE(岩国高校)/濃飛西濃運輸(県立岐阜商業高校)/大垣クリーナー興業(沖縄工業高校)/ 日立コンシューマ・マーケティング(岐阜総合学園高校)/畔柳工業(岐阜城北高校)/ 昭和コンクリート工業(柳ヶ浦高校)/オーツカ(伊吹高校)/給湯システムネットワーク(鳴門工業高校)
*( )内は出身高校
問い合わせ先
部長 / 小川 信幸
п@ / 058-329-1287(研究室)
監督 / 林 卓史
п@ / 058-329-1394(研究室)
E-mail/hayashi@alice.asahi-u.ac.jp
年間活動内容
2月下旬 春季合宿
4月上旬〜 東海地区大学野球春季岐阜大会
5月  春季東海選手権大会
6月上旬 全日本大学野球選手権大会
7月上旬 日米対抗大学野球大会
9月上旬〜10月中旬 東海地区大学野球秋季岐阜大会
10月下旬 秋季東海選手権大会
10月下旬〜11月上旬 愛知・東海・北陸代表決定戦
11月 明治神宮野球大会

小川 信幸 小林 剛宏 林 卓史 山川 陽祐
小川信幸部長 小林剛宏副部長 林卓史監督 山川陽祐コーチ
部長
朝日大学教職課程セン ター教授 / 愛知学院大 学卒業 / 元県立岐阜商 業高校校長 / 元岐阜県 高等学校野球連盟会長  / 高校時代二塁手と して甲子園出場経験を 持つ
副部長
朝日大学経理課課長補佐 / 県立岐阜商業高校卒業
監督
朝日大学経営学部講師 / 慶應義塾大学大学院修了 / 大学選手権ベスト4 / 社会人野球(日本生命) 日本一
コーチ
朝日大学職員 / 中京高校卒業 / 早稲田大学卒業 / 早稲田大学第99代主将。 2007年全日本大学野球選手権優勝

掲載日:2011年6月1日
掲載責任:朝日大学学生課 gakusei@alice.asahi-u.ac.jp